江東区の指定文化財・旧大石家住宅を訪ねて

b0338976_18052698.jpg
 江東区仙台堀川公園内にある、旧大石家住宅がある。

 旧大石家住宅は、江戸時代に建てられた区内最古の民家建築です。
 これまで、安政の大地震、大正の大津波、関東大震災、戦災といったいくつもの災害をまぬがれて、建築当初の姿をとどめた貴重な住宅です。(パンフレットより抜粋)

 これまで、幾度かこの前まで来たが、いつも閉まっていた。
 土日祝日のみ開放だったのです。

 今日は、土曜日で天気も良いので出かけました。

b0338976_18052634.jpg
 開放された門のなかに入ると、縁側の戸は開け放されていた。
 先客が縁側でくつろいでいる。

b0338976_18052624.jpg
 母屋の横を奥に進むと、土間の入口(写真右端)があった。
 窓は、囲炉裏のある板の間。

b0338976_19223068.jpg
 土間を入ったところの板の間には囲炉裏に火がはいっていた。

b0338976_18552827.jpg
 天井は高い。

b0338976_18525359.jpg
 板の間の奥の座敷は縁側に面している。

b0338976_18525325.jpg
 奥の床の間がある座敷。

b0338976_18052580.jpg
 この部屋の隅に長持ちが置かれている。

b0338976_18052618.jpg
 床の間の座敷奥(長持ちのあるところ)から縁側方向をみたところ。

b0338976_18052606.jpg
 囲炉裏のある板の間の隣の部屋。掃除道具がつるされていた。


 板の間の囲炉裏や、床の間の座敷など見ていると、子供のころ母の実家の農家に行った頃を思い出した。
 その家の広い土間には大きな囲炉裏があった。
 大勢の人が寄り集まるときは、続きの部屋のふすまを外し広い座敷として使っていた。
 そんなことが懐かしく思い出された。

 母屋を出て周りを一周し、見学を堪能した。それから、ここを後にした。


 仙台堀川公園のさくらも昨日今日と暖かくなり、一気につぼみが開き始めたようだ。
b0338976_18052757.jpg
 明日から気温は上がり、天気が続きそう。
 さくらも一気に満開になりそうだ。

[PR]
by ken201407 | 2018-03-24 19:30 | 歴史散策 | Comments(0)

徒然にデジカメで撮った写真を掲載します。


by ken201407
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31