愛宕神社から汐留まで散策

 どんよりした曇り空の下を、愛宕神社から汐留シオサイトまであるいた。
 
 まず、向った愛宕神社は男坂・出世の石段を上がるのは避け、エレベータであがった。初めて、エレベータを利用した。やはり楽ちんだ。
 石段上から下を見下ろすと足がすくんだ。
b0338976_21001210.jpg
 境内は意外と狭い。(昔は広かったんだろう?)
 社殿も大きくないが、葵の紋が光っていた。
 由緒ある神社であることを示している。

 参拝を済ませ、今度は女坂を下って、下から男坂を見上げた。
 すると、小さな子供が一生懸命、両手を石段について、登っていた。
 後ろから両親が見守っている。
b0338976_20505533.jpg
 どこまで登れるのかなと思い、目が離せず見ていた。
 すると、三分の二まで来たところで疲れたようだ。
 抱っこをせがんでいたようだが、左右から両親に手をひかれ、最後まで歩いて登った。
 頑張った子供に、手を引いて登らせた両親に拍手!

 次に向かったのは、虎の門ヒルズ・森タワー。
 このビルに入るのは初めて。 
b0338976_20505514.jpg
 ビルの中に、木が植わっており、床も無機質なコンクリではない。
 ゆっくりくつろげるように椅子も配置してある。
 昼寝を貪るサラリーマン諸氏がいた。
 ビルを出入りする人は、若い人が多く、みんなスマートだった。
 肥満体は見かけなかった。(肥満の年寄りは私だけだったようだ。)

 ビルを後にして、汐留に向かう。
 その途中、見つけました。
 今話題の切腹最中。
b0338976_20505595.jpg
 切腹最中の謂れを読んで、納得した。
 赤穂藩主の浅野内匠頭が、切腹した田村右京太夫屋敷跡がここにあったのです。 

 ようやく、汐留サイトに到着。
b0338976_20505660.jpg
 地下2階の日テレ広場には、人型のオブジェが、「シオタマ」と言うらしい。
 なぜなら、水玉模様だから?
 並べているのを見ると、前のヒトタマのお尻の臭いを嗅いでいるようだ。

 この界隈をしばらく歩きまわった。

 今日の歩数は約8300歩。
 なんだか疲れました。


[PR]
by ken201407 | 2017-05-16 22:04 | 東京散策 | Comments(0)

徒然にデジカメで撮った写真を掲載します。


by ken201407
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30